代表の助産師、黒田です。最近気になる習慣を一つ。
暑さ対策として、首を冷やすグッズが大人向けにも子ども向けにもたくさん出ていますが、ちょっと待ったです。

 首には脳へ行く血管が走っているだけでなく、頸自体が自律神経の中でも副交感神経といって、血管を拡張させたり血圧を下げたりする大事な神経のでているところです。
 しかも首と頭蓋骨のつなぎ目には、脳幹とその上に延髄といって、生命活動の中枢を司るコントローラーがある場所。そこはもちろん体温調節中枢でもある。

 そんなところを冷やすとは・・・。体温調節力が低下して熱のアップダウンが激しくなったり、通常なら調整できるはずの熱が上がりっぱなしになったり、風邪をひいて上がらないといけないときに上がらずにいつまでも微熱が続いたり、といった症状が出てきます。
そんなときはむしろ、蒸しタオル法で首に熱を入れないと(蒸しタオル法は、はるか助産院HPの、よくある質問をクリックして下さいね)。
 
 不明熱が晩になったらよくでる子どもさんは、変に首を冷やしていないか要注意しましょうね。私の身近でこんなケースがあったので・・・。
暑いときは頭自体を冷やす方がいいですね。

 

Comment
体温下がると体の不調を招きますよね、大人でも。
免疫力ていかしてしまいますしね。
  • 橋本
  • 2012/08/18 08:43





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.npo-kurumi.net/trackback/1440365

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

自然療法が「体」を変える―免疫力が増幅する“クスリを使わない”医学
自然療法が「体」を変える―免疫力が増幅する“クスリを使わない”医学 (JUGEMレビュー »)
東城 百合子
自然療法の有名な先生ですね。自分が心地よいスタンスでできることをやってみようと思います。

Recommend

梅崎和子の陰陽 重ね煮クッキング―からだにやさしい養生レシピ
梅崎和子の陰陽 重ね煮クッキング―からだにやさしい養生レシピ (JUGEMレビュー »)
梅崎 和子
大谷助産院推薦の一冊。
おなべに野菜を重ねて入れるだけで簡単にたくさん野菜料理を作れるレシピです。マクロビの考え方にのっとっています。

Recommend

子どもが育つみちすじ (新潮文庫)
子どもが育つみちすじ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
服部 祥子
講演会に参加しました。
子連れでしっかり聞けない部分もあったので落ち着いたら是非読んでみたいです。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM